バカさでアタック!ドラゴンVリーグ
(プレ) (1) <2> (3) (戻る)

実況「天下一バレーボール大会、1セット目アッタクナンバーはVチームの先取でいよいよ2セット目試合開始です!……おっとアタックナンバーはVチーム、4人目の選手投入です!」
天津飯「くっくっく……聞いてドッキリ見てビックリ!腰でも抜かせ春の宇宙ーっ!!」
ゴテンクス「じゃじゃじゃじゃーーーーん!!」
ピッコロ「……………」
悟空「ま、まさか!?」
クリリン「んげーーーー」
実況「青コーナー、アタックナンバーはVチーム………4番、ブルーーー将軍!!!!」
ブルー「お〜っほっほっほっほっほ!!おひさしぶりね皆さんっ!!!」
ベジータ「はじけて混ざれーーーっ!!!!」
トラ「やめて下さい父さーん!!」
悟飯「うわ〜〜〜〜〜ん!!」
ヤムチャ「なんだあれ」
クリリン「レッドリボンすよ…」
ゴテンクス「どお!?驚いたでしょー!!この日のために生き返らせたのよ!ね、センパイ♪」
天津飯「そうよ!すべては春の宇宙を完膚なきまでに叩きのめすため……」
ヤムチャ「もう叩きのめされてるって気もするけどな…」
ブルー「お黙り!さあ覚悟なさい春の宇宙!!頑張りましょうね天ちゃん、ゴテンクス、Pちゃんっ!!」
天津飯「ええ!」
ゴテンクス「頼りにしてます、ブルーセンパイ!」
ピッコロ「…………………………………………………………………………………………」
悟空「おーっし!オラたちもやってやろうぜ!」
悟飯「も…もうやめようよ……こんな闘い意味がないよ………」
ヤムチャ「確かに!」
トラ「悟空さーん!父さんが真の恐怖と決定的な挫折に心の底から震え上がってまーす!」
クリリン「その気持ち分かるなあ」
実況「容赦なく始め!!」
ブルー「行くわよーっ!!」
実況「ブルー選手サーブ!!」
クリリン「も〜みんな動かねえんだから……うっ!!」
実況「おーっとどうしたことでしょう、クリリン選手ボールの手前で止まりました!Vチーム1点先取です!」
悟空「クリリン、どうしたっ!」
クリリン「す、すっかり忘れてた…あいつ超能力があったんだった……」
悟空「ちくしょう金縛りってヤツか!」
ヤムチャ「そこは大丈夫!こっちも強力な助っ人を用意してある!クリリン交代していいか?」
クリリン「そうしてくれると幸いです」
ヤムチャ「よっしゃあ!!選手交代だあ!5番クリリンに替わって7番!助っ人選手餃子どうぞーーっ!!」
天津飯「なっ、何ですって!?餃子が春の宇宙に!?」
餃子「誰ですかあなた?」
天津飯「え?」
餃子「あなたみたいな人は知り合いにいませんね」
天津飯「そ、そんな………!!おのれ春の宇宙!!よくも餃子を洗脳してくれたわね!!」
ヤムチャ「いや別にそんなことは」
ブルー「天ちゃん落ち着いて!ヤツらに勝てばきっと洗脳も解けるわ!」
ヤムチャ「洗脳じゃなくてさ…」
天津飯「そ…そうね!春の宇宙!これから14点、ストレートでいただくわよ!」
ゴテンクス「その意気よ、センパイ!!」
ピッコロ「…………………」
トラ「ヤムチャさん…向こう、いよいよやる気になってないですか。助っ人入れない方がまだよかったんじゃないですか?」
ヤムチャ「まあそこは」
そして2セット目、宣言通りVチームは14点までをストレートで先取、一方春の宇宙チームは助っ人の餃子にやる気がなくベジータお約束の戦意喪失、トランクスは無関係を装いヤムチャは穴、悟空のやる気も空回りしていたその時!!
ブルー「ほっほっほっほっほ!!これで終わりかしら!?」
ゴテンクス「2セット先取であたしたちの勝ちよ!!」
天津飯「余裕だったわね!!」
ピッコロ「…………………………」
悟飯「や…やめて……やめてくれって言ってるだろ…………………うぉああああーーーーーっ!!!!!」
ブルー「な…なんなの!?」
セル「ふっ、やっと本気になったか……」
天津飯「何しに来たのよあんた!」
ブルー「今さら本気を出してもムダよ!行くわよっ!!」
実況「ブルー選手サーッブ!!おっとしかし悟飯選手そのままアタックで返します!!」
悟飯「もう許さないぞ…お前たち………」
天津飯「まずいわね……ゴテンクス!こっちも本気を出すわよ!」
ゴテンクス「はい、センパイ!スーパーーーサイヤ人!!3っ♪」
天津飯「四妖拳!!」
実況「あーっとVチーム、これは強力です!春の宇宙チーム、試合の流れを変えることができるでしょうか!!」


ヤムチャ「いや〜闘った闘った………」
クリリン「お疲れさん!まさかあそこから逆転勝ちとはね〜」
ベジータ「フン、当然だ!!」
トラ「さすが父さん、何一つ活躍してないだけのことはありますね」
ベジータ「黙れ!」
悟空「この調子で3セット目も勝とうぜ!」
悟飯「はい!」
餃子「は〜あ……なんだか」


天津飯「くそっ……春の宇宙め!いい気になるのはまだ早いぜ!」
ゴテンクス「天津飯さん、ついにアイツを出すのか!?」
天津飯「ああ、それしかあるまい……」
ブルー「なんだか知らないけど、あんたたち人格変わってるわよ」

Vチームの「アイツ」とは?餃子登板の目的は?悟飯はセル戦状態を保てるのか?そして一瞬出てきて消えたセルの真意とは!?謎が謎を呼ぶ天下一バレーボール大会!!次回、ついに決戦の時!!!

2001/07/14

(プレ) (1) <2> (3) (戻る)