バカさでアタック!ドラゴンVリーグ
(プレ) <1> (2) (3) (戻る)

実況「それでは青コーナー、アタックナンバーはVチームをご紹介しましょう!なんとアタックナンバーはVチーム、1セット目は3人でプレイです!」
ベジータ「なに!?なめやがって…」
実況「それでは青コーナー、アタックナンバーはVチームのスタメンです!
 1番 天津飯選手
 2番 ゴテンクス選手
 3番 ピッコロ選手
です!!これは…もしやとは思いますが!!」
ヤムチャ「あ〜、なんかスッゲやな予感するわ…」
クリリン「オレも」
実況「かまわず試合開始です!サーブ権はアタックナンバーはVチームに与えられます!」
ベジータ「どこからでもかかって来い!!」
トラ「ネットからこっちは来ません!」
ヤムチャ「ま、1本ずつ取ってこうぜ…」
実況「さあ天津飯選手、サーブ位置に立ちました!」
ヤムチャ「…お前ら!今からどんなことがあっても驚いたり取り乱したりするんじゃねえぞ!!」
ベジータ「フン!ヤツらに何ができると言うんだ!」
悟飯「そうですよヤムチャさん、バレーボールの試合なんですからそんな…」
トラ「草野球の二の舞ってことはないでしょう」
ヤムチャ「違う、そうじゃないんだ…」
天津飯「みんな!!行くわよ――――――――っ!!!」
ゴテンクス・ピッコロ「はぁ〜〜〜〜〜い♪」
ベジータ「さらばだトランクス!そしてカカロットォオ!!」
悟飯「うわあああん!!お父さ―――――ん!!」
トラ「…………………………………」
実況「春の宇宙チーム、混乱に陥っております!」
ヤムチャ「ホーラな、だから言ったんだ」
ベジータ「なんできさまら落ち着いていられるんだ!?」
ヤムチャ「見たもん」
悟空「オラも」
トラ「オレ、天津飯さんもピッコロさんもけっこう尊敬してたんですけどね?」
ヤムチャ「考え直せ」
クリリン「な事言ってる間に来るぞ!」
ヤムチャ「やべ!…はーい、上がった上がった!」
悟空「よっしゃ!トース!」
クリリン「上がったぞー……ってお前らまだ放心してんのか!しょうがねえなー、とりあえず向こうのコート入れとくぞ!」
実況「おっとこれはアタックナンバーはVチーム、チャンスボールです!」
ゴテンクス「行ったわよピッコロさん!」
ピッコロ「……………」
実況「ピッコロ選手、レシーブでセンターに上げました!」
ゴテンクス「は〜い!天津飯センパイ、ライト行きま〜す!」
天津飯「行くわよ!アタ―――――ック!!
実況「決まったーーっ!アタックナンバーはVチーム、1点先取です!」
ヤムチャ「おい、前衛何やってんだよ!」
悟空「いや〜ワリイワリイ、オラの方じゃなかったもんで」
悟飯「イヤだよ〜、帰りたいよぉ〜!」
ヤムチャ「あまりのことに幼児退行おこしたか……」
天津飯「さあ!もう1点行くわよ!」
ゴテンクス「はぁい!センパイ、頑張ってね!!」
ピッコロ「………………」
悟空「来たぞーっ!」
クリリン「よし!上がったぞ!」
悟空「トーッス!」
トラ「オレが行きます、アレがもう一人のオレの姿とは納得いきません!アターック!!」
ゴテンクス「きゃあ!」
実況「あっとゴテンクス選手、取れません!」
ゴテンクス「天津飯センパイ!あたし、やっぱりダメです!」
天津飯「何を言ってるのゴテンクス!さあ立って、立つのよ!!」
ゴテンクス「センパイ………あたし、あたし負けない!頑張ります!!」
ピッコロ「……………」
悟飯「うわ〜〜〜ん!怖いよぉ〜〜〜〜!!」
ヤムチャ「あ〜あ……」
ベジータ「なんなんだ、あいつらは!!」
トラ「いいんです、オレ試合終ったらすぐ未来に帰るから何だっていいんです……」
実況「さあこれでサーブ権は春の宇宙チームに移ります。ベジータ選手ボールを受け取りました!」
ベジータ「くっくっく…これでこの試合を終らせてやるぜ!ファイナルサ―――ブ!!!」
トラ「父さん始まったばかりです!!」
実況「おっとこれはすごい!ネットスレスレのジャンプサーブです!」
天津飯「もらったわ!」
実況「天津飯選手、回転レシーブです!!」
ゴテンクス「ピッコロセンパイ、トスお願いします!」
ピッコロ「……………」
ゴテンクス「行くわよ〜!アッターック!!」
ヤムチャ「だーから何で取らねーんだあ!!」
ベジータ「オレはもう戦わん……」
悟飯「おとうさーん!!」


阿鼻叫喚のうちに1セット目終了。結果は15対1と春の宇宙にとって惨憺たるものであった。
天津飯「楽勝だったな、しかし2セット目はどうなるかわからん…」
ゴテンクス「ああ、悟飯兄ちゃんがどうなるかが鍵だぜ!」
ヤムチャ「あ……コートの外では普通みたい」
天津飯「2セット目は……ヤツを投入する!!」
ゴテンクス「へっへっへ…春の宇宙の驚く顔が見ものだぜ!」
ピッコロ「…………………………」

迎える2セット目、春の宇宙はアタックナンバーはVの真の恐ろしさを目の当たりにすることになる。

2001/07/12

(プレ) <1> (2) (3) (戻る)