実況パワフル草野球
(プレ) (1) (2) (3) (4) (5) <6> (7) (8) (9) (戻る)

実況「さあ3回の表メジャーズの攻撃に移ります。最初のバッターはあのセルや魔人ブウを倒した……ということになっている(小声で)今話題の人、人気絶頂その人世界格闘技チャンピオン、ミスター・サタンです!!」
サタン「ナンバーーワーーーーン!!!」
どこから湧いたのか場内からサタンコールが!
ウーロン「やったなヤムチャ、やっとまともに三振とれるぜ!」
ベジータ「誰だ、あのバカチャンピオンを呼んだのは!」
悟飯「すいません、パンがどうしてもと言ってきかないもんで…」
ベジータ「ふーん、そ……」
サタン「はーっはっはっは!どうやら魔球を使うようだが、どんな球もこのサタンには通用せんぞ!!」
ヤムチャ「しょうがねえな、あのオッサンは…」
実況「さーっピッチャーヤムチャ選手投げました!あーっとしかしサタン選手バットを振りません!二球目もストライクです!!」
サタン「はっはっは、この2球でお前の球は見切った!この程度の球、私にかかればこうだ!!」
実況「サタン選手バットでレフトスタンドを指しました!予告ホームランです!!」
場内またもサタンコール!
サタン「うっ!ぐぐっ……」
実況「おっとサタン選手どうしたのでしょうか、突然うずまってしまいました!」
サタン「ううっ、いきなりハラの具合が悪くなってしまった!これでは満足に戦えん!残念でしかたないがここは大事をとることにしよう……さらばだ!」(ふ〜…これでなんとか一安心)
ヤムチャ「全て見せたな、必殺技の数々…」
実況「さあとりあえず代打の疾風のカロニー選手のストライクでバッターアウト、次のバッターはメジャーズ一の強打者、1番ファーストベジータ選手です!」
ウーロン「おいおいどうすんだよ、またぶっ飛ばされるぜ!」
ヤムチャ「心配いらん、この時のために最強の投手を用意してきたんだぜ。ピッチャーオレに替わって………いや、『代投』だ!!」
実況「だ、代投?そんなルールは……」
ヤムチャ「細かいことは気にすんな!オレがあると言ったらあるんだ!代投……出番だぜ、ブラ!!!」
ブラ「はーーーい♪」
ベジータ「なっ……なにぃ!!?」
ブラ「パパー、いくわよっ!」
ベジータ「くっ…………!!!」
実況「…さ、さあブラ選手投げました!こ、これは山なりのスローボールですがストライク!!ベジータ選手固まったまま手も足も出ません!なんと固まったままバッターアウトです!!」
ベジータ「………オレはもう戦わん……」
ピッコロ「情けないぞベジータ、私情に流されやがって…」
未来トラ「なんですか、その写真は」
そして次のバッター未来トランクスはピッチャーに戻ったヤムチャから簡単にホームラン、1点を入れた。が、次の3番悟飯はマイナーズの代投作戦でピッチャーにビーデルを出されあえなくアウト、スリーアウトチェンジで2対3で3回裏を迎えた。

その後もマイナーズはあらゆる汚い手を駆使し、
ランファン「いかが?純情男サン」
未来トラ「……………」
スポーツマンシップなど丸めて捨てて戦い続けた。
悟飯「ううっ…急にお腹の調子が……」
ヤムチャ「どうした悟飯、サタンみてえだぞ」
悟飯「…なんで餃子さん両手広げてこっち向けてるんですか…」
特に四球作戦ではグレゴリーを出すなど非道の限りを尽くし、あげくの果てはブウの体内の回虫を起用し外道ぶりを見せ付けた。
未来トラ「見えね――――――――」
マイナーズは度重なる選手交代でメンバーはほぼ総替え状態となり、メジャーズは相変わらずの8人に加えて、サタンの替わりになんとバーダックを担ぎ出してきた。
お互い1点も入れられないまま6回が終り、2対3のままついに7回がやってきたのである。

亀仙人「案ずることはないぞよ。そろそろヤツがここにやってくるはずじゃ……!」
ヤムチャ「ほ、本当ですか!よーし、あいつが来りゃこっちのもんだぜ!!」
ウーロン「だからそういう終わり方やめろっつの…」


2001/05/03

(プレ) (1) (2) (3) (4) (5) <6> (7) (8) (9) (戻る)