実況パワフル草野球
(プレ) (1) (2) (3) <4> (5) (6) (7) (8) (9) (戻る)

ヤムチャ「あ…あんたは18号!!」
18号「代打なんてせこいこと言わず、選手交代だよ!」
実況「おーっとここでなんと18号選手登場です!!これでマイナーズにも勝機が出て来ました!」
チチ「今までもけっこうやってた気もするだが…」
悟空「トランクスー、しまってけよー!手強えぞー!」
パン「おばちゃんがんばってー!!」
悟飯「ああ、女のよしみっ!」
ヤムチャ「18号、かっ飛ばせーー!!」
18号「いくら出す?」
ヤムチャ「はい?」
実況「未来トランクス選手投げましたーっ!あーっとストライク!!」
ヤムチャ「なっ、何やってんだよ!!ど真ん中だぞ!」
18号「取引だよ。100万ゼニーで満塁ホーマーだ」
ヤムチャ「そんなもんに金とる気か、オイ!!」
18号「でなきゃ何で野球なんかやるんだよ。出すのかい出さないのかい?」
ヤムチャ「出せるか、そんなもん!!」
実況「言ってる間にツーストライク!!」
ヤムチャ「ああ〜っ!!」
未来トラ「これで三球三振だあっ!!」
実況「ストライークバッターアウト!!」
18号「残念だったね、取引は終り!あばよ!」
ヤムチャ「あああぁ〜〜〜〜っ、なんてこったぁ!!」
実況「マイナーズ、一気にツーアウト満塁です!」
ウーロン「バッカだな〜、一応払うって言うだけ言っときゃよかったのに」
ヤムチャ「んなことしたらあとで殺されるわい!!くっそ〜…ポポさん、お願いします!!」
ポポ「わかった」
実況「6番セカンド、ミスター・ポポ選手!なにかやる男です!!」


実況「さーっ2回の表メジャーズの攻撃は5番ライトパン選手からです!」
ヤムチャ「ちょっとポポさん〜〜っ!!なにかやるんじゃなかったんスかぁ!!!」
ポポ「あの球打つのミスターポポ物理的にムリ」
ヤムチャ「頼んますよ〜〜」
ポポ「ならお前打てるか」
ウーロン「三者凡退か……」
ヤムチャ「とにかく魔王さんはデッドボール食らって大事をとりたいって言ってるし、18号は帰っちゃったから選手出さねえとな。1番キャッチャー牛魔王に替わってヤジロベー!5番18号に替わりまして、替わりましてー………」
実況「マイナーズ、誰にするか迷っているようです」
ヤムチャ「ええい!名簿開いて最初に目に入った奴ーっ!!………………」
プーアル「だ…誰だったんですか?」
ヤムチャ「……………バブルスくん?」
実況「なんとマイナーズ、サードにバブルスくんを起用!!どういう選手層なのでしょうか!!ともかく2回表、バッターはパン選手です!」

そしてマイナーズは5番パンを敬遠で歩かせ、恐れていたバッターピッコロを迎えたのであった。
悟飯「ピッコロさーん、しまってきましょーっ!!」
ピッコロ「任せろ悟飯!」
実況「さあ6番ピッコロ選手、バッターボックスに入りました!」
ヤムチャ「なあピッコロ、ものは相談なんだが……」
ピッコロ「なんだ?オレには今までのようなせこい手は通用せんぞ!」
ヤムチャ「ストライク1回につき悟飯のガキの頃の写真1枚………ってのはどう?」
実況「おーっとこれはどうしたのでしょうか!ピッコロ選手微動だにしません!!ど真ん中のボールに三振です!!」
悟飯「どうしたんですかピッコロさん!?」
ピッコロ「許せ悟飯、お前のためだ!」
悟飯「!!ボ……ボクのために!?」
ヤジロベー「……………」
ヤムチャ「くっくっく…作戦通り!」
ウーロン「なあ、オレたちすんげ〜〜〜〜〜〜ロクでもないことしてるよな」
プーアル「大声で言っちゃダメだよ」

そのあと7番悟天、8番ちびトランクスは繰気球でなんとか三振をとり………
界王神「つまり子供だましという訳ですね!」
ヤムチャ「黙っててくれません?」
2回表0対0のままチェンジとなったのだった。
そしてついに2回の裏、あの男が姿を現すのである!!


2001/04/23

(プレ) (1) (2) (3) <4> (5) (6) (7) (8) (9) (戻る)