Precious Darling!
(1) (2) (3) (4) (5) (6) <7> (8) (9) (戻る)

あたしは、腕の宝石を狙う奴らから追われていて、息をするのも面倒になるくらい疲れていたの。近くの星に着陸できるのがわかって、朦朧とした意識の中で宇宙船を操作して…。そこで意識が途切れた。

「…気がついたか…?」
再び意識を取り戻した時に目の前にいたのは、肌が緑色で、耳が大きくって、キバを持った宇宙人たちだった。ナメック星人だって、すぐにわかった。みんな、心配そうにあたしを見つめてて…、ちっちゃな子達が「よかった、目を開けた!」ってはしゃいでた。
「…こ、ここ…?」
「ここは、ナメック星だ。わたしはネイル…。お前の名は?」
「わ、…わたしはクロウ…。た、助けてくれてありがとう…。」
くす…とネイルは笑って、あたしに毛布をかけなおしてくれた。そばにいた年配の人が、コップにいっぱいお水を持ってきてくれて、あたしに勧めてくれたわ。
「あ、ありがとうございます…。どうして、あたしを助けてくれたんですか…?」
「あなたからは、邪悪な気配を感じない…。しかも、ここにくるまでに、酷い目にあったようですね…。」
あたしは、はっと気がついて腕をみたの。えぐりとられたはずの石のひとつが、復元されてた…。キズを、治してくれたんだってわかった。
そのひとの言葉が、目がとってもやさしくて…。うふふ。あたしのことを捕まえようとしたヤツらとはぜんぜん違ってて。
急にほっとしたら、涙がぼろぼろ出てきた。

どのくらい泣いていたんだろう?もう覚えてないけど、気がついたら、ネイルしかいなかった。ずーっと、あたしの髪の毛をなでてくれてたの。うふふっ。

「気持ちよかった。お父さんや、おかあさんにいいこいいこしてもらってるみたいで…。あたしもまだちょっと子どもだったし…うふふ。」
クロウはニコニコしながら、ネイルの面影を探すようにピッコロの方をみつめた。
また、言葉を続ける。

2001/06/04

(1) (2) (3) (4) (5) (6) <7> (8) (9) (戻る)
background by 幻想素材館Dream Fantasy