戦え! グレートサイヤマン!
<1> (2) (3) (戻る)
第1話 グレートサイヤマン3号登場!

「にいちゃん、ずるい・・・」と悟天は思った。
何がずるいって、もちろんグレートサイヤマンのことだ。

「そのうち悟天の分もブルマさんに頼んでやるよ」って言ってたのに、ボクより先に、ビーデルのおねえちゃんが2号になっちゃった。にいちゃん、ボクとの約束を忘れているなんてヒドイ。こうなったらおとうさんに頼むしかない。

「ねえ、おとうさん、ボクもにいちゃんみたいにへんしんしたいよ」
「へ? あんなカッコ、おめえにゃ、動きにくいんじゃねぇか?」
「だって、カッコイイんだもん。いろんなとこが風にパタパタしたり、目が隠れたりしてて・・」

そっか、あのカッコは修行のためだったんか。外を見にくくしてんのも、目に頼らねぇようにするためだったんだな。そういやピッコロもいつも動きにくいカッコしてんもんなぁ・・。

「よーし、悟天、父さんが頼んできてやる!」

悟空は瞬間移動であっという間にブルマのところに跳び、ブルマはあっという間に悟空の注文通りに変身スーツを作ってくれた。

「ほれ、悟天、これを手首にまいて、このボタン押すんだとよ」
「ありがとう! おとうさん! よーし、へんし〜ん!」

「わっ・・・」
「どうした? 悟天?」
「お、おとうさん、こ、これ、重いよ。それに前がほとんど見えない!」

「なにいってんだ、普段からそのぐらいの重さで動けるようになっとくんだ。目に頼んな。気を感じろ。悟飯はその10倍は重い服着てんだぞ(たぶん)」
「そ、そうなんだ、にいちゃん、すごいなぁ。ボクもがんばるよ!」


兄に知られないようにひそかに修行をする(もちろんキメポーズの)グレートサイヤマン3号。
しかし、その出動の日は意外に早く来た。
「おとうさん! この気・・!」
「ああ、悟飯だ。きっとビーデルって娘と出動したんだ。悟天、行くか?」
「うん!」

そのころ悟飯とビーデル・・・もとい、グレートサイヤマン1号と2号は、逃走した銀行強盗の車に、いつもながらの乱暴なやり方で待ったをかけていた。車を破壊された4人の犯人が、グレートサイヤマンに銃を向ける。しかし我らがグレートサイヤマンはそんなものはまったく意に介さない!

「悪はぜったい許さない! グレートサイヤマン1号!」
「同じく2号!」

「そして、あらたななかま、グレータイヤマン3号!」

「へ?」

上空まで瞬間移動で送ってもらった3号は、1号と2号の間にスタッと着地し、かっこよく口上をキメた! ちょっと間違えても誰も気にしてない。いいぞ、3号!

よく見えないけど、敵はこっちみたいだ。えらく気が小さいけど、変身型かな? とにかく・・
「ボクが来たからには、もうゆるさない! はぁっ!!」

「ごて・・やめっ・・!」
虚をつかれてた悟飯が、はっと我に返り、犯人をかばうようにとびこんだ!

「きゃー!! 悟飯くんっっ」
「にいちゃーん!」

悟天は、重くて動きにくい衣装でキメポーズを決めようと緊張しまくり、なんと、メットの下で超サイヤ人になっていたのだ。犯人をかばって、悟天の気功波を背中に受けた悟飯は、思いっきりダメージをくらってしまったのだった・・・。

しかし・・・・

こんなことぐらいでくじけるな、グレートサイヤマン3号!
戦えグレートサイヤマン3号!


・・・・・・


「おとうさん! いったい悟天に何着せたんです!」
「おめえが忘れてっから、かわりにブルマに頼んでやったんだぞ」

「それにしたって、なんであんな前の見えないものを! 危ないじゃないですかっ そのうえ服が重かったから思わずって・・・・。いっそ10トンぐらいにしといてくれればよかったのに・・」
「いやー、それじゃよけい強くなっちまうだけだと思うけどな・・」

「そーゆー問題じゃありません! とにかく、悟天はまだ小さな気をさぐるのムリなんですから、前は見えるようにしないと! それから変身した時は絶対に超サイヤ人はだめだって、おとうさんの責任でよく教えといて下さいねっ」
「わかった、わかった」

そう、いまさら悟天から変身スーツを取り上げることはほぼ不可能・・・。どうする悟飯?

             (おしまい)
2001/7/3


<1> (2) (3) (戻る)
DB文庫に投稿を始めたばかりの頃、発作的に書いた短編です。
原作の第36巻のP50で、悟飯は、グレサイを羨ましがる悟天に「そのうちブルマさんに頼んでやるよ」って言ってるんですよね。なのにアニメのラストとか映画ではビーデルさんが2号になってるので、ちょっと気になりまして(笑)


background by Miracle Page