(TOP) (DragonBall) (龍球戦隊) (野っ原) (宝島) (あとがき集) (LINK)

●Oz's Leaves あとがき集●

ツリー表示 一覧表示 検索 あとがき過去ログ

■52 / 親階層)  龍球●38話●ボツ29話
□投稿者/ ゆう -(2004/02/01(Sun) 10:55:26)
    バカですねー。どういうつもりなんですかね。なんか制作に当たっての経緯は「黒羽が一人で暴れる話はどうか」「地方ロケはどうか」みたいな話題がBBSであったような気がするんですが。まあ、そんなのは正直どうでもいいですが。こんな狂った現物がある限りは。

    でもコレって書いてて楽しかったと思うんですね。要するに黒羽が一人で暴れまわるってだけの話ですから。まあ楽しかったのはアクションとかよりも、登場人物(黒羽とファントマくらいだけど)がとにかく「全部一人で口に出して言っちゃう」って辺り。全部口で説明しちゃうでしょ。この話。誰も相手いないのに全部。とにかく黒羽が一人のシーンが多いんだけど、思った事とか説明を独り言で言いながら話を進めちゃうんですよ。あと突然読者に語りかけたり。そういうのがけっこ好きで。ホラ、小説とかって説明しなきゃならない事を巧みに登場人物に言わせたりするでしょ。そういうのってワザが必要だと思うんですけど、それを敢えて(そのワザがないから)説明を説明として言わせてしまうっていうギャグ。

    たとえば橋の上を転がる巨大鉄球を逃れた時の黒羽の独り言。

    「やれやれだぜ。鉄球で混乱させてこの橋に追い込んで落とそうって策だったようだが、この橋が仇になったようだな。鉄球そのものにはさすがのオレも驚いたぜ。だがオレは気付いた、この橋に差し掛かって!『鉄で出来た球がなぜ!こんな細い橋を転がることが出来るのか』?…答えは勿論『中身が詰まってやしない』ということだぜ。しかしそれに根拠はない…連中のやる事だどんな事が起きても一つも不思議に思わない。だが鉄球を避けることも、逃げ切ることも出来ないというなら仕方がない――潰されるかも――という危険を、いやッ!『敵陣において自分の世界の定規で物を測る』という危険を侵す事になるが…今…この場でやるしかないって事だ……「『転がる鉄球』と『自分の位置』を計算し…自分が『潰される』部分をくり抜いて鉄球を通過させる!もしオレの『中身が…』って三次元の法則にあまりに則った仮説が正しければの話だが、オレは今…無傷のまま橋の上に立っているって事になるが、どうだい…?」

    コレ全部ひとりごとです。かなりジョジョなんかの影響を受けた台詞なんですが(あのマンガの登場人物もよくひとりごとで話を進めてますが)誰もいない所でコレだけの事を言い切れるってのは・・・・

    かと言って最初に夕張を救うぞと言う決意表明の時の「それはそれとしてだ、夕張で何かが起こっているのは間違いなさそうだぜ。今回はオレ一人で……片をつけなきゃならんようだな!ああ、そうするとも!」てのも変だし。ああ、そうするとも!て。因みにこの場面も黒羽1人ですが。

    とにかく単にテンションだけで乗り切ってしまえって話は今の時点でコレだけなんで(他はどんなにありがちだろうと一応カッコつけようとはしてますよ)、あらゆる精神論と言うか能書きの介在しない辺りが気に入ってます。子供たちがあんまかわいそうじゃないのも好きだし。(って子供に触れて思ったんですけど、わりと逞しい子供らなんであの子たちが夕張を救う番外編でも書けたかもしれませんよね。書けませんが)

    あと、アセロポッドが普通に会話してるのは本編ではコレだけだったと思うんですが。大掛かりな敵基地を書いているんで、自然アセロポッドをけっこう書いているんですよね。その分怪人であるガンガディン(RXからの頂き)が物凄く適当ですが。でもなんか私が書く暗黒機甲兵っていつもおざなりと言うか、大した活躍をしてませんね。今までの怪人の中で一番印象に残らない怪人だと思いますよホントに。ブラックに拷問されて即吐いちゃってるし。拷問って、今回の黒羽はワリとズバットを意識して(と言うか、ズバット元ネタって事を思い出して)るんで悪党の拷問もするんですが。拷問と言えばファントマの黒羽拷問も書いてて楽しかったです。

    そう言えば実は書いた順としてファントマが本編に登場したのはコレが最初なんでその辺も。ストーリーの流れとしては24〜26話が最初なんですが。それで確立されたファントマ像と全然違っているのも笑いどころです。全編書けた暁に通して読んだりしたら、さぞ38話は異常でしょうねコレ。今でも十分異常ですけど。

    とは言えラストシーンはけっこう気に入っているんで。たぶんこの話って、何が起こったか把握してるのは黒羽と子供らだけだと思うんですね。最後の台詞の様子だと黒羽も帰って大した報告してるとは思えないし(と言うか、黒羽は他の事件でも報告してないと思う)。その辺の「ぼくらの事件」感もけっこう好きな話です。

    ただファントマの使うあやしいドイツ語(スパイダルにもドイツがあるんですねー)でかおるさんに指摘もらったんですが、「アウフビーダーゼーエン」って「また会いましょう」的な意味だそうですね。私は「ドイツ語でさようなら」で調べてコレだったんで安易に使ったんですけど。

    まあ、「地獄で会おうぜ」って台詞もあるんで。

    めずらしくまともに後書き書いてしまいました。この話にツッコミ入れてもしょうがないしな。

記事引用 削除キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
親記事 →●幻の29話〜没話について〜 /ゆう
 
上記関連ツリー

Nomal 龍球●38話●ボツ29話 / ゆう (04/02/01(Sun) 10:55) #52 ←Now
Nomal ●幻の29話〜没話について〜 / ゆう (04/02/01(Sun) 12:20) #53

All 上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信
お客様は閲覧のみになります。
Pass/

ツリー表示 一覧表示 検索 あとがき過去ログ

(TOP) (DragonBall) (龍球戦隊) (野っ原) (宝島) (あとがき集) (LINK)
- Child Tree -