(TOP) (DragonBall) (龍球戦隊) (野っ原) (宝島) (あとがき集) (LINK)

●Oz's Leaves あとがき集●

ツリー表示 一覧表示 検索 あとがき過去ログ

■39 / 1階層)  祈願
□投稿者/ 管理人 -(2003/11/04(Tue) 15:54:20)
    これも一応「情景SS」なんですが本来は13話の中に組み込もうかと思ってたエピソードだったんです。正月も帰れないはずの赤星がなんで実家に寄ったか‥‥。それはですね、虎嗣さんが羽織袴で来ちゃったから‥‥(爆笑) 13話のAパートで羽織袴ってつい書いちゃって、書き進めていくうちに、翌日このヒト羽織袴で動き回るのかよ、やばいよそれってことになって。仕方ないので、赤星が洵を病院に送ったあとちょっと実家に寄って着替えをもらってきたことにしようと、この話が生まれました。何が幸いするかわからん(苦笑)

    13話のBを読んだひゆーさんが茜を気に入って下さったことや、30話を書く前に竜水を一度書いてみたかったというのも動機でしょうか。竜水はあきさんの外伝の「少年」が初出なんですが、読んだ時は本当に驚きましたよ。自分の持ってる竜水のイメージぴったりで。これこそうちのサイトで時々見られる(笑)シンクロ効果ですね。

    ちょっと話がそれますが、宗教の話をば。
    以前読んだひろさちや氏の本に非常に印象深い文がありました。「宗教を意味する英語のreligionは、語源から辿ると神と人間とを再び結びつけるという意味で、本来的にはキリスト教の用語になる。一方、漢字の「宗教」は仏教の用語で「宗──言語によって表現できない究極の心理」「教──言語によって表現された教え」の意味。宗教とreligionはお互い訳語として使われているが、意味はだいぶ異なる言葉なのだ」
    個人的にキリスト教的発想はどこかで構造的な行き詰まりを生む気がしてたんですよ。反して仏教的な発想はなんかいいなって思ってました。その理由が分かった気がしましたね。何かを自分のものとして消化しようとした時、どこかで「悟る」ような感覚がどうしても必要だって気がします。あ、色々考えてここに至るからいいんですよ。考える過程がないと「悟る」って名の「諦め」になっちゃって、意味無くなりますから。

    ‥‥で、竜水はそーゆーことを色々考えてる人らしいです。そろそろcoincidenceとかsynchronicityとか素直に受け入れてみようかとか‥‥。哲学系の人なんです。私の趣味で(爆笑)

    赤星家にいる倶々羅(くぐら)、指倶羅(しぐら)という犬の名は高橋留美子氏の「忘れて眠れ」という短編から頂きました。雑誌連載の時に、あの犬の名を呼ぶシーンに身体が固まるほどシビれたものです。基本的に動物好きな私ですが、犬なら秋田犬。当然竜太もそうでしょー!って、こうなりました。

    ちなみに茜のイメージは、きっかけは「救急戦隊ゴーゴーファイブ」でマトイ兄ちゃんのお見合いの相手、つぐみさんから頂いています。振り袖で木に登って・・・という部分はまさに番組からとりました。演じておられたのはシュシュトリアンの月子でもあった石橋けいさん。とってもよかったんですよね。ただ、背が小さいところや竜水との関係はけっこう自分自身を重ねています。
    最後に茜の言う「祈りの力」は計算外。書いているうちに出てきた言葉でした。でも「そうか! 祈りの本質はこれか!」って「自分なりの祈りの定義」ができた気がしてすごい嬉しかったですね。

記事引用 削除キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
←龍球 琥珀/祈願/絵日記と怪文書/イラストSS /管理人 →絵日記と怪文書 /管理人
 
上記関連ツリー

Nomal 龍球 琥珀/祈願/絵日記と怪文書/イラストSS / 管理人 (03/11/04(Tue) 01:05) #38
Nomal 祈願 / 管理人 (03/11/04(Tue) 15:54) #39 ←Now
  └Nomal 絵日記と怪文書 / 管理人 (03/12/19(Fri) 01:37) #46
    └Nomal イラストSS / 管理人 (03/12/21(Sun) 00:47) #47

All 上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信
お客様は閲覧のみになります。
Pass/

ツリー表示 一覧表示 検索 あとがき過去ログ

(TOP) (DragonBall) (龍球戦隊) (野っ原) (宝島) (あとがき集) (LINK)
- Child Tree -