(TOP) (DragonBall) (龍球戦隊) (野っ原) (宝島) (あとがき集) (LINK)

●Oz's Leaves あとがき集●

ツリー表示 一覧表示 検索 あとがき過去ログ

■23 / 親階層)  龍球●放映前スペシャル●9話●10話●12話
□投稿者/ ゆう -(2003/10/08(Wed) 23:10:51)
    冗談を装った本気と言うものがある。
    「ジョーダンジョーダン、はははは」と口では言ってはいても、心の中では言っとくが俺はマジだぜって言ってるのだ。誰に?
    この放映前スペシャルはあろう事かまさしくソレで、2001年11月当時は心の底から本気でコレを書いていた。おまけにけっこうよく書けたとまで思っていたりした。今となっては思い出したくもない級の大爆笑譚でしかないが。

    とにかくズバットだったのだった。「さすらいは復讐のあとで」って思い切りなタイトル見りゃ分かるけど、黒羽健っていうキャラクターは元はといえば快傑ズバット早川健の何番煎じだかも分からないパロディキャラで、当時はもう「面白いから入れちまえ」くらいしか考えちゃあいなかった。それは考えと言うか単なる悪ノリなんだけど、まあそれも今だからこそ言える事で、当時は「面白いから」どころかソレこそ「言っとくが俺はマジだぜ」だったのだ。
    まあ、当時と言えばちょっと頭がどうかなっていたから仕方がないかもしれない。

    コレを書いた事によって龍球の一つの(狂った)センが生まれたのも確かかもしれないが、ブラック担当の身にはあとあと「こんな奴書けるか」とか「何もかも白紙に戻したい」とか「ブラックは戦死して新たなブルーを」とか言う自暴自棄も生まれる事になる。
    このスペシャルが生んだまともなものがあるとすれば、たぶん「琥珀」くらいのものだろう。しかしあの名編の背景がアレだと思うと、今でも観覧車の窓ガラスを突き破ってまっ逆さまに転落した勢いで土下座したくなる。すみません。

    パロディと呼ぶのも気が引けるほどに話もキャラもズバットそのままで、とりあえず無理があろうとなかろうと龍球1話につなげりゃいいだろうと言う意図しかない放映前スペシャル。
    ではあるが、コレはコレで「実際の特撮のどんなパロディも辞さない精神」というものも打ち出して後の展開に影響を及ぼしたような気もする。気だけかもしれないけれども。


    いい悪いは別にして。
記事引用 削除キー/

前の記事(元になった記事) 次の記事(この記事の返信)
親記事 →●9話 /ゆう
 
上記関連ツリー

Nomal 龍球●放映前スペシャル●9話●10話●12話 / ゆう (03/10/08(Wed) 23:10) #23 ←Now
Nomal ●9話 / ゆう (03/10/11(Sat) 02:22) #24
  └Nomal ●10話 / ゆう (03/10/11(Sat) 02:48) #25
    └Nomal ●12話 / ゆう (03/10/19(Sun) 03:16) #30

All 上記ツリーを一括表示 / 上記ツリーをトピック表示
 
上記の記事へ返信
お客様は閲覧のみになります。
Pass/

ツリー表示 一覧表示 検索 あとがき過去ログ

(TOP) (DragonBall) (龍球戦隊) (野っ原) (宝島) (あとがき集) (LINK)
- Child Tree -