(TOP) (DragonBall) (龍球戦隊) (野っ原) (宝島) (あとがき集) (LINK)

●Oz's Leaves あとがき集●

ツリー表示 一覧表示 検索 あとがき過去ログ

■40 / inTopicNo.1)  DB /One of the Endings/口笛/紙飛行機
□投稿者/ 管理人 -(2003/11/05(Wed) 21:12:34)
    「One of the Ending」と「私はロボット」は、他と違ってキャラに頼らずにストーリーに魅力が出せた‥‥と自分では思っている作品です。男性の読者にもどうぞってお薦めできる作品かな。こういうモノがもっと書けたらいいなと思うんですがなかなか難しいです。

    私がDB小説を読むだけに飽きたらずに書こうとまで思ったのは、ウチからもリンクさせて頂いている<Tukiya>サイトで、きりやまさんの作品を読んだからです。未だにきりやまさんの悟飯はネットで出会える悟飯の中で一番かっこいいと思ってます。それまで同人誌なんて買ったこともなかったのに、思わずいきなりメールしてきりやまさんの同人誌を購入してしまったくらいですから(笑)。

    きりやまさんの作品は3つの時間軸が絡み合う壮大なパラレルワールドの中で構築されています。なのでトランクスも悟飯も複数登場するんですが、その中の一人のトランクスが「色んな次元に色んなオレがいて、その中には殺されてるオレもいるんですよねぇ」と言うんです。その台詞こそ「One of the Ending」のきっかけでした。
    「そのトランクス、助けてやろうじゃないの」って(笑)
    でも、最終的にはセルを時間の輪の中に閉じこめて、原作を補完するような展開が書けたかなぁってけっこう自己満足してます。

    これをDB文庫に投稿した時に、ある方からとても嬉しい感想をいただきました。
    「こんな“ややこしさレベル・ウルトラZ”のお話を、噛み砕いてレベルダウンできるだけでもすごいのに、『理屈抜きに面白い』ってのが素敵です」
    この作品が多くの方にとってそうだったのなら、まさに望外の歓びですね。

引用返信/返信 削除キー/
■41 / inTopicNo.2)  口笛
□投稿者/ 管理人 -(2003/11/12(Wed) 14:56:15)
    これを書いたきっかけは鮮烈に覚えてます(笑) だって嫁と舅であるビーデルと悟空を物理的に触れあわせるって、えらく不純な目的で書いたんですから(爆笑)
    DB文庫に投稿していた頃、ある作家さんの小説の中でビーデルが悟空の耳掃除をしてあげるシーンが出てきたんですよ。もちろん膝枕です(笑) もうドキドキするような素敵な魅力がありまして‥‥。その直後ひゆーさんが「月の声」という作品を発表されました。悟空という「人物」がビーデルの視点から語られるというのが新鮮で魅力的なお話でした。

    で、私も思ったんです。悟空とビーデルの組み合わせが書きたい!って。ああなんて単純。当時は悟ビー同盟とか言われてましたが(笑) ってことで「悟空とビーデルを物理的に触れあわせるぞー!」って思って書いたのが、これです。
    え、どこで触れあってるんだって? ハイヤードラゴンにびっくりして引いたビーデルが悟空にぶつかってるでしょ。そこです、そこ。‥‥え、それだけなの? って、そう言われましても・・(笑)

    私、人の胸とか背中とかに耳くっつけてその人の声を聞くのって好きなんですよ。振動とか体温とか一緒に伝わってきて、なんかセクシーな感じ。もちろんそういうやり方で声を聞くなんて夫しかいませんけどね。
    悟空のあの厚い胸にくっついたら、さぞかしいい声が聞こえてきそうでしょ。やってみたい。女性なのにそんなこと妄想させちゃう野沢雅子さんって、改めてすごい声優さんだなぁ。
    だから二人を触れあわせるぞって思った瞬間に、ビーデルが悟空の胸か背中からその声を聞くというシチュエーションがふわっと頭に浮かびました。で、どーやってそこまでいくんだ!ってことで、ハイヤードラゴンを思いついた時は嬉しかったですね。

    作品発表後にある既婚者の方から「ビーデルと悟飯の初々しさに、忘れていたものを思い出した」という感想を頂いて凄く嬉しかったです! 私も新婚の頃の気持ちを思い出しながら書いてましたので。でもそういう感想をお持ちになる方は、実は初恋や新婚の頃の気持ちをずっと持ち続けておられるんだと思います。そういう夫婦って楽しいですよ♪

    でもなぜか「半年ぶりだね、ハイヤードラゴン!」がけっこうウケてしまったんですが(笑) いや、悟飯ならぜったいあーする。私だってでっかいドラゴンの友達がいて空飛べたら、絶対そうする(爆笑)

引用返信/返信 削除キー/
■42 / inTopicNo.3)  紙飛行機
□投稿者/ 管理人 -(2003/11/18(Tue) 22:36:10)
    <しみゅらくら。>のちささんのサイトで「悟空と悟飯とパン」のイラストを見たときは、もう本当に嬉しくなりました。レジュメに落書きしてしまったパンと「うわわっ」って悟飯、そして「あっちゃ・・・」っていう悟空。
    悟空がこの世に蘇ってからの幸せな時間の証のようなイラストでした。ああ、このイラストに繋がるSSを書きたいと凄く思ったんですね。

    でも、落書きされた切れっ端を紙飛行機にするってのを思いつくまでが長かったなぁ! 半年ぐらいかかった気がします(苦笑) だって、ただ落書きしてあらら‥‥じゃお話にならないですものね。これも思いついてからはかなり早く書き上がったように記憶してます。

    悟飯の眼鏡は伊達眼鏡だ!ってのは私的設定です。サイヤ人が目悪くなるなんて絶対へんだもん。若く見られて困るのでかけてる。そうにちがいない(笑) パンの台詞はけっこう苦労したかな。子供いないので、子供の描写はほんと苦手です。ラバさんみたいに愛らしく書けるといいんですけどね。

    後半は悟空と悟飯のちょっとした手合わせで終わるってのは、書き始めたときから考えてました。ドラゴンボールの「気」の世界を書くのが好きなんですよ。プラーナが流れ込んでくる感じ。
    ただ悟天描写はまったくの予定外っていうか、自然に指が打ってました。「付いてくる子と連れて行く子」って悟飯と悟天を割にうまく言い表せたような気がするんですが、いかがでしょう。

    口笛もそうなんですが「お題」を頂いて書くってのもたまには面白いですね。でも、絶対書かなきゃダメってなったら苦しそうだなぁ(死)
引用返信/返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ
お客様は閲覧のみになります。
Pass/

ツリー表示 一覧表示 検索 あとがき過去ログ

(TOP) (DragonBall) (龍球戦隊) (野っ原) (宝島) (あとがき集) (LINK)
- Child Tree -