(TOP) (DragonBall) (龍球戦隊) (野っ原) (宝島) (あとがき集) (LINK)

●Oz's Leaves あとがき集●

ツリー表示 一覧表示 検索 あとがき過去ログ

■1 / inTopicNo.1)  龍球 第1話/第2話/第5話/第6話
□投稿者/ 管理人 -(2003/10/05(Sun) 16:48:39)
    ★龍球「第1話 OZ本部応答せず!」
    龍球で一番最初に書かれたオハナシです。全てはこの第1話と、直後に発表されたゆうさんの「放映前スペシャル」ラバさんの3話、ひゆーさんの4話から始まった・・・と言っていいでしょう。
    正直言って私は新しい設定やキャラを考えることができないんです。龍球開始の頃までそんなことやったことがなかった。同人活動も知らず、せいぜいDBのファンフィクを書いた程度。自分の性格から考えても「丸く収まる」面白味の無いモノしか発想できないタイプだと思います。
    なので龍球の本編を書き始める時に「とにかく皆さんがBBSに書いたコトは出来る限り全部放り込もう!」ってのを目標にしていました。その場のノリの思いつきって勢いありますからね! まあ「思いつき」に説得力を与えるのも、それはそれで大変ではありますが(苦笑)

    なので1話もそんな風に書きました。いきなり本部が壊滅して始まってるのは、ゆうさんのBBS[871]のカキコからです(笑)。瑠衣ちゃんのご両親が亡くなっているのは[893] るいさんご本人のカキコから。あと黒羽と赤星と有望で獅子座流星群なんぞ見に行ってるのはBBSの[936]‥‥今見ても照れる私とハルタさん(yumさん改め)の書き込みが元です。

    しかし今読み返すとえらくお気楽に書いてますねぇ(←ぜんぜんあとがきっぽくない発言)。いや、この時はマジでずーっと前後編脚本形式でいくつもりだったんですよ。これなら50話だってなんとかなるだろうと思ってたんですけど。それがどーなっていったかは‥‥その後をご覧頂ければ‥‥(苦笑)

    1話のポイントは二つです。1つ目は赤星と有望のこと。有望は物理がすごく好きでそれを突き詰めていきたい人なんです。実は私も高校の頃は数学や物理が大好きでした。大学でついて行けなくなったんですが、そんな私にとっては自分の落ちこぼれた道を歩いていった憧れの人が有望なのかな? 赤星はそーゆー有望を好きで尊敬してて、ジャマしたくないんですね。
    でも本編始まる前はBBSで「赤星は、危険なことをやってる自分より洵の方が有望を幸せにできると思い、二人をくっつけようとする」とか書いてたんですよ。でも本編始まって赤星への移入度合いが増すにつれ「こりゃ、渡せねー‥‥」って考え直したのが我ながら爆笑ものでした。ごめんね、洵(爆死)

    そして1話のポイント2つ目は、いかに赤星&黒羽をカッコよく書くかってこと。
    ゆうさんの黒羽はもろに早川健でスタートしてます。そーなりゃゴレンジャーのアオレンジャーって言っても同じでしょ(ホントかよ?) それで黒羽の言動を受け止める赤星はアカレンジャー的(まあもっとガキっぽいですが)になっていって‥‥。そんなこんなで龍球の5人は赤と黒がちょっと飛び出た変則5人組体勢になったんです。だからやっぱり赤星&黒羽の男の友情みたいなのはカッコよく書きたかったんですね。

    言っときますけど、友情ですよ、友情(爆笑)
引用返信/返信 削除キー/
■17 / inTopicNo.2)  龍球「第2話 夢のエネルギーを守れ!」
□投稿者/ 管理人 -(2003/10/06(Mon) 07:07:00)
    いいな。このタイトル(いきなりなにを)。いかにもって感じですよね。
    2話の命題は瑠衣ちゃんが「森の小路」に来るってことでした。あとは戦闘員のアセロポッドを出現させること。TVの戦隊モノだったら基本的に第1話では全員揃ってないといけないし、遅くとも第2話ではロボット出てなきゃマズイのでしょうけど、オリジナルなんでのんびりやらせて頂いてます(苦笑)

    「温度が高いと有毒ガスも燃えちゃうので、性能のいい焼却炉ならビニール燃やしても平気」って事実を知った時はけっこうびっくりしました。なので「そんなに温度が高くなくても有毒ガスまで燃やしちゃう触媒」はマジで欲しいです。まさに「夢の触媒」
    余談ながら、その後世の中が「木や紙でも燃やせばダイオキシンが出るから、古い焼却炉は廃止」って展開になっていった時も、ちょっとびっくりしましたけど。人間、長い年月の中でそーゆーものは普通に燃やしてたと思うんですが、やはり人間の個体数の多さと集積が全て悪いんでしょう。本来は食物連鎖の中に普通に組み込まれるはずの排泄物だって、人が集まれば自然の浄化能力をあっさり超えますから。

    2話のポイントはやっぱ瑠衣ちゃんの伯父さんに化けた黒羽でしょう。特撮モノには時々出てきますよね。それ変装じゃないでしょ、役者さん違うでしょ?っていう変装(笑)。
    一応念頭に置いたのは、仮面ライダーブラックで京本氏が友情出演した時のイメージです。博士に化けて敵の基地に潜入して、光太郎が登場したとこで正体を見せる‥‥ってシーンですね。

    あとは西条さん。「またお前達か」ってあたりは書いていて凄く楽しかったです。何故かわかりませんがこの人居るとなんとなく安心感があるんですよねぇ。後始末お願いしますみたいな感じなのでしょうか。彼もBBSのカキコでゆうさんがなにげに書いたことから登場してます。もちろんズバットの東城さんですよ。元は。

引用返信/返信 削除キー/
■21 / inTopicNo.3)  龍球「第5話 第6話」オズリーブスとスパイダル
□投稿者/ 管理人 -(2003/10/06(Mon) 22:38:27)
    ご存じの方がどのくらいおられるかわかりませんが、当サイト唯一の隠しページに「龍球作家用設定ページ」ってのがあります。作品を書く際に参考になりそうなものを放り込んであるページです。自分のキャラの性格とか、他の人をなんて呼ぶかとか、誕生日から割り出した年齢表とか‥‥。

    で、そこに全体のストーリー構成表モドキもあるんです。後半はぜんぜん決まってませんが(死)。
    TVの戦隊でも全体の流れに関係してくる主要回と、独立性が高くて割に好きなことができる回ってありますよね。それを明確にしてあれば、あとは書きたいトコから書いていけばいいんじゃない?って感じで。私的にはひそかに「ファイブスター手法」と名付けてます(おい)。まあこれがあるのでいきなり39話とか離れたオハナシがアップされてたりするのです。

    スパイダル登場とオズリーブスそろい踏みには2回分ぐらいいるかな、と思って確保してあったのが5話と6話です。5話で敵を認識して、6話で5人揃うってことで。TVでやる分量としてはこのぐらいが適量なんじゃないかなって思ってはいるんですが‥‥。

    5話で私的に気に入っているのは、みんな「怪人が来るとは思ってなかった」ってとこかな。アセロポッドが色々乗り物に乗って攻めてくるのではとか思ってたんですね。だとするとその時点でもっと自衛隊と話付けてたんじゃないかとか、国会で討論して防衛出動が簡単にできるようになってたんじゃないかとか‥‥27話を書いている今となっては色々考えたりしますが‥‥。知らなかったフリして下さい(撲殺)

    5話で軽い気持ちで書いたのに、すっかり引いて(引かれて)しまったのが「赤星が戦闘機の操縦がヘタ」ってことです(爆笑)。ジェットドラゴンとオズブルーンのシミュレーション対戦を話題にしたのは、ちょっとふざけ合う赤星黒羽を見たかったのと、敵の戦闘機への対策は立ててるんだよって言いたかったのと、でも練習時間無さそうだからなぁ‥‥ってことだけだったのですが(笑) でもそれのお陰で「Jet & Red」なんて楽しい短編書けたからいいです。

    あと「ドラゴン・アタック」は思いついた時は「やったねっ」と思ったワザなんですがいかがでしょう。リーブスーツを構成している粒子をエネルギー流に戻してぶつける。これならピンクが居てくれないと困る理由になるし、そのうえ「かめはめ波」はできるし、使ったら素顔に戻るってのがツボだし‥‥(笑)

    ちょうど5話をアップした直後、BBSで瑠衣ちゃんは黄龍と‥‥って共通認識ができたんですよね。でもるいさんの「ぜひそれでお願いしますvv」ってカキコにひゆーさんが「るいさん宜しいんですか、あんなに可愛い持ちキャラをあんな男に・・・(笑)」って答えてたのが大爆笑でした。未だに忘れられない。まあそんなことで6話で瑠衣に理解を示すのが黄龍になったんですねぇ。

引用返信/返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ
お客様は閲覧のみになります。
Pass/

ツリー表示 一覧表示 検索 あとがき過去ログ

(TOP) (DragonBall) (龍球戦隊) (野っ原) (宝島) (あとがき集) (LINK)
- Child Tree -